投資において大切な要素とは何でしょうか?株価の上下を予想するための情報収集能力?予想外の事態にも揺るがない精神力?それとも運?そんな投資においての必要な要素や、投資についての話題を取り扱います。

日精樹脂工業や旭化成に投資する際は新事業に注目

国内での製品や工場のイメージが強くても、実際は海外の事業が多く実は世界各地で展開中という企業も多くあります。例えば日精樹脂工業や旭化成です。このような企業の株を買って投資しようという場合は、現在どんな国でどんな事業を行なっているか、その国の政治や経済の情勢はどうか、などを具体的に研究する必要があります。どちらも技術が高く伝統のある会社ですが、その事とは別に海外の情勢自体が収支に影響する可能性もあるからです。日精樹脂工業は射出成型機の国内大手です。射出成型機というのは製品の原料となるプラスチックを熱して柔らかくしておいて金型に射出し、製品の形を作る機械です。海外での事業を強化していまして、アジアやアメリカでは自動車の部品を作るために活躍しています。また中国やタイでは、現在人件費が高騰していますので工場で射出成型機を導入すればそれだけコストが抑えられますから、各地で引っ張りだこです。性能のすぐれた日精樹脂工業の製品はこのように世界中で評価が高いですので、株価も今後期待できます。なお日精樹脂工業は株主優待として本社の地元の特産品ギフト券を用いていて話題となっています。株主を大切にする企業は投資先として堅実です。旭化成もプラスチック製品を製造するというイメージですが、現在ではこれまでの技術を応用したいろいろな新事業に取り組んでいます。旭化成に投資する場合はそこを見て行くとさらに関心が湧きます。例えば医療です。旭化成では介護用品、救急救命装置などにも参入していますが、会社の技術を生かして透析の分野が今期待されています。旭化成の製品はヨーロッパや中国などでも関心が高く、売り上げを伸ばしていますし、最近では砂漠に植樹をという運動が広く評価されています。旭化成が次々に行なう事業に常に注目すべきです。