投資において大切な要素とは何でしょうか?株価の上下を予想するための情報収集能力?予想外の事態にも揺るがない精神力?それとも運?そんな投資においての必要な要素や、投資についての話題を取り扱います。

2016年12月の記事一覧

カードローンに手を出し三井松島に投資しては行けない

三井松島産業は最近のレンジの下限の水域に来ていて、逆張りをするのであればちょうどよく見えるタイミングとなっています。
それだけに大きくつぎ込んで大きく儲けたいと思う人もいるかも知れませんが、その際にはカードローンに手を出してまで投資をすることは慎まなければなりません。

投資する金額が大きければ利益が出た時も大きいものとなりますから、チャンスとあれば大きくつぎ込みたくなってしまうものです。
しかし、投資はいい結果ばかりが出るわけではありませんから逆の目が出た時には、大きな損失となってしまいます。
自己資金の範囲であれば借金を背負うということはありませんが、カードローンに手を出して投資をすれば大きな借金を残してしまうこともありうるので非常にリスクの高い投資となってしまいます。

むしろ借金までしてする投資というのはギャンブルでしかなく、このようなやり方をしていれば最初は上手く行ってもどこかで破綻をしてしまうことになるのです。
特に三井松島産業は事業内容的にも伸び代があると言いがたい銘柄ですから、どこかで株価が大きく下落をするとそのうちそのまま安値で推移するということも考えられます。
将来的に値が戻ってくるかもしれませんが、借金をしていれば当然金利が発生してしまいますからその間に損失はどんどん増えていくことになってしまいます。
急激に株価が動くような銘柄でもありませんから、じわじわと株価が下がり続ける内に損切りのポイントを見失ってしまって損失がみるみる拡大をしていくということもありますからリスクを最小限に抑えるためには決して借金をしてまでは投資をしてはいけないのです。
三井松島産業は株価が低いので、無理をしなくてもそこそこ大きなポジションを持てるため余裕のある範囲で投資をしましょう。

続きを読む